ライブチャット

営業時間:平日午前10時~0時

メリット:急いでいるとき、連続でどんどん質問できる

TTCMに関しては、深夜0時までライブチャットでの対応可能!

メール

お問い合わせフォームから連絡可能

メリット:24時間以内に順次返信、メールの保存がきく、時間に縛りがない

デメリット:チャットよりも返信が遅い

 

スポンサーリンク

TTCMにライブチャットで問い合わせしてみた!

送信・受信メールの画像

 

返信スピード・対応について

多くのブローカーは夕方17時頃までというところが多い中、TTCMのライブチャットは深夜0時まで対応してもらえるのはとても魅力的ですね!

ログイン後、画像のLiveChatのボタンを押すと言語選択、名前、アドレス、質問内容を入力する画面になりますので、必要項目を入力。その後、送信ボタンを押すことでチャット画面が開かれチャットが開始されます。

質問を送信後数十秒程度で返信が返ってきました!

質問内容によっては1~3分くらいかかるものもあるかもしれませんが、基本的にスムーズに返信してもらえます。

返信内容で意味がわからないことや、意味が伝わってないなと思うことでもすぐに聞けるのがライブチャットの良い点です。

TTCMにメールで問い合わせしてみた!

営業時間外にて検証

↑返信メール

↑送信メール

営業時間内にて検証

↑送信メール

 

↑受信メール

返信スピード・対応について

まず、対応時間外のメール検証は、深夜2時10分に【TTCMさんの他のブローカーに負けない点を教えてください!】と送ってみましたところ、返信があったのは、翌日の18時54分でした!

営業時間外の時間も含めると、計16時間44分で返信がきたことになります。

サポートの営業時間開始時間【10時】からカウントすると、8時間54分での返信となりました。

返信内容については、かなり丁寧でとても好感を持つことができる返信でした。

スプレッドの小ささ、手数料の低さ、NDD方式、サポートの時間が長いことがTTCMの特長です。

 

対応時間内のメール検証は、14時47分に【サポートの時間と方法を教えてください】とメールを送ったところ、15時33分に返信がありました!

かかった時間は46分でした!

1時間もかからずにかえってきたのは驚きですね!

 

TTCMサポート検証まとめ

今回の検証結果、営業時間外メールよりも営業時間内メールの方が返信が早く、さらに返信が早いのがライブチャットという結果になりました!

その日のサポートの混雑状況にもよると思いますが、営業時間内であれば、ライブチャットがおすすめです

TTCMはライブチャットの対応時間が0時までやっていることや、返信の丁寧さなど総合的に考えて海外FX会社の中でもかなりサポートに力をいれている会社ということが、今回の検証で実感できました!

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事